高濃度ラドンは肺癌リスクを35%減に

高濃度ラドンによる肺がん自然発生の減少

フランスのフォンテネオローゼ研究所で、自然環境の300倍程度のラドンを含んだ空気でラットを生涯飼育して、肺癌の発生率を調べた研究がある。

それによれば、飼育した500匹中3匹に肺癌が発生したが、自然環境濃度(25Bq/m3)で飼育した1,290匹中12匹に肺癌が発生した割合と比較して、肺癌発生比は0.65と有意であるとしている。

ラドン浴の効用例

ラドン浴の効用例

関連記事

  1. ラドン娘核種と肺癌

    ラドン娘元素と肺癌

Translate »