1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本の放射能

日本の放射能

西日本は殆どトリウムによる被ばく?

 

自然界の放射能、大別してウランとトリウムがある。

 

温泉施設の経営者も利用者も泉質分析表にがRnが含有しているということから、ウランも無い地域でも『ラドン泉』のラドンRn222のみが温泉中にあるものと信じきっている。

 

だが実際は違う。・・・

 

ラドンと表示されていてもトリウムから発生する同位元素のラドン分子量が2個少ないトロンRn220

 

だがこの違いは大きい。

 

トリウム系娘元素にはラジウムガールズでも有名な発がん性がある物質もある。

 

西日本の花崗岩からはトリウム系放射線がウラン系放射線より格段に多く発している。

 

ラドンの効用はアルファ線^_^

 

ラドンRn222も、トロンRn220も同じ効用を示す。

 

放射線の種類・透過力の比較

放射線の種類・透過力の比較

 

 

透過性は無い。

 

放射線には3種類の特性があり、その中でもラドンは透過しないアルファ線である。

 

アルファ線はアルファ線療法とも言われる放射線療法の一種に利用されている。

 

イオン化作用は 他放射線より強い。

 

 

 

 

ラドンとトロンの違いは?

 

ラドンで存在しうる期間、半減期がちがう。

 

ラドンは体外に排出まで十分に時間はある(3.8日)が、トロンは間に合わないから排出されない(55秒)。

 

ラドンは気体、液体として利用。

 

ラドンは呼気で取り入れてもほぼ全てを排出する。

 

トロンは液体のみで利用を勧める。

 

ラドン排出濃度

ラドン排出濃度

 

トリウム娘元素を呼気で吸うことはなるべく避ける

 

わざわざトリウム娘元素を吸気で吸う事、ミストサウナ・スチームサウナ・洞窟・岩盤浴・ホルミニシス施設にて吸引を勧める施設も多数存在することも事実である。

 

施設経営者も利用者も、安全に排出されるラドンだと思い込んでいる。

 

 

ラドンは気体のほうが良いからと言うことでわざと手を加えているだろうが、逆に利用者のトリウム娘元素の被ばくを助長している。

 

 

 

正しい知識で、放射能や放射能泉に触れることによって大きく利益を受けるとしたら、それは何よりの喜びになるのではないだろうか?

 

 

ラドン泉やトロン泉の幅広い湯治効果

 

大病はもちろんだが、普段健康な方でも、ラドン泉やトロン泉に入浴する効果は計り知れないくらいたくさんある。

 

ラドンやトロンは、人体に主に次のようなプラスの効果を与えてくれるという特徴がある。

 

・血液内の老廃物質や脂肪、コレステロールを除去し、血液を浄化する

・代謝作用を促進し、体内に発汗作用や心地良い快感を覚える

そして、現在このような状態の方にも効果は抜群です。

・自律神経失調症

・更年期障害

・めまい、冷え症

・精神身体疲労

・神経系頻尿症

・メニエール病や頭部外傷性神経症

引用:ラドン温泉医学のしおり

 

などなど、まだまだたくさんの症状を湯治すことができる。

 

 

日本にてウラン由来の温泉は、もの凄く希少!

 

このようにたくさんのメリットをあなたに与えてくれる放射能泉(ラドンやトロン泉)だが、ウラン由来のRn222のみを享受出来る施設はほぼ数件である。

 

日本の自然放射線より引用

 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。