ラドン開発事業団

Pocket

全国各地で1000万人のラドン温泉利用者が効果を実証

『驚異のラドン療法』利用者1000万人突破

「健康にまさる富はない」ーーーーーーー

まさに健康こそ、人間最大の願望と申せます。 幸い、日本人の平均寿命は年々伸びておりますが、現代の社会環境は人間の健康をそこねる要因が多く、保健に腐心する人々が増えているのも事実です。とりわけ高年齢層や成人病、公害病に悩む人々は増加の一途をたどり、健康の回復・保持・増進を求める声は日増しに強まっております。
こうした現代社会のユーズに答えるものが、従来の温泉療法を革新した「ラドン温泉」です。ラドンは、天然ラジウム温泉の”エキス”ですが、その純正ラドンを科学的に抽出する新装置を開発し、保健や医療に活用できるようにしたのが「ラドン温泉システム」です。
システムの開発には、ラドン開発事業団を中心に日本の温泉医学界の権威が力を集結し実に38年を超える歳月を費やしております。 すでに現在、「ラドン温泉システム」を利用している保健・医療施設が全国に100ヶ所にあり、利用者は一千万人を超える勢いです。こうした静かなブームは、ラドンによる医療効果が実証されている証拠と申せましょう。最近は、病院、リハビリテーション施設等の医療施設関係はもちろん、保養施設、さらにはスポーツ、レジャー施設でも導入するケースがふえております。
ただ、非常に残念なことは、ラドンの人気に便乗する心ない悪質な業者が散見されることです。摘発された例では、開発途上で試作された旧式装置を盗作したり、得体の知れない装置をラドン発生装置として売り込んでおります。これはラドン温泉の利用者の期待を裏切るもので、療法効果はおろか、安全性の面で問題を起こす危険性すらあります。
しかし、ラドンを必要とする人々にとって朗報があります。それは「ラドン温泉」のエポックメーキングとも言える新システムが開発されたことです。
新システムは「高性能ラドン発生装置」に「オゾン発生装置」と「医療用超音波装置」を効果的に組み合わせた《ラドン温泉トリプルシステム》で、その相乗効果は、類似装置などでは到底不可能なすぐれた保健・医療効果をもたらします。
この画期的な新装置は、ラドンのパイオニアであるラドン開発事業団と日本温泉医学研究所が共同開発したもので、品質・安全性はもちろん保証付きです。しかも新装置は同研究所直属の専門工場で量産化されますから、さらに多くの人々に本格的な「ラドン温泉」をご利用いただけるようになりました。
「ラドン温泉」は、この新装置の出現によって新しい発展の時代を迎えるものと確信いたします。
80年代はヘルス産業の時代といわれますが、「ラドン温泉システム」は早くもヘルス産業の有望な成長株として注目されております。
「ラドン温泉」を通じて、多くの人々が健康の喜びを味わい、それがヘルス産業界の発展につながれば、私どもにとってこれに過ぎる喜びはありません。

昭和58年
元 社団法人慈恵会(病院)会長
ラドンの創始者
ラドン開発事業団理事長
小泉 元胤。


全国各地で1000万人の利用者が効果を実証
日本で初めてラドンを世に出して約60年間の歴史と信用(年数訂正)


  ラドン開発事業団の歩み
昭和35年 ラドン開発事業団の発足とともにラドン発生装置の研究を開始。
以降12年にわたる研究の結果、
昭和47年 ラドン発生装置の1号機を開発。
  〃 ラドン開発事業団の組織を拡充し、会長に鈴木善幸(当時元厚相、前首相)
理事長に小泉元胤(日本のラドン創始者)が就任。
昭和50年 1号機を改良した2号機を開発。
昭和51年 2号機を改良した3号機を開発。
  〃 日本温泉医学研究所を設立し、研究体制を一段と拡充。
昭和53年 医療用ラドン発生装置ならびに特殊業務用ラドン発生装置の生産開始。
昭和55年 高性能ラドン発生装置を開発し、これにオゾン発生装置と医療用超音波装置
をセットした画期的な「ラドン温泉トリプルシステム」を完成。
昭和56年 ラドン生成装置と東洋式サウナをドッキングした「ニューラドンサウナ」の
新製品開発に成功。
昭和57年 業務拡張のため、従来の日本温泉医学研究所(東京中野区松ヶ丘)を埼玉県
妻沼工場(敷地1万坪)に移転。ここに日本医学研究所製作工場と研究所を
併設。
昭和58年 ラドン発生装置の展示場を開発局に置く。
  〃 世界に誇る画期的なラドンウレタンを開発に成功。
 

『ラドン温泉』『医学の温泉』効果実証!!

ラドン温泉システムはヘルス産業の成長株です!


ラドン施設は国内に百カ所余、今や海外にも進出して、国際的にも好評を博しております。
研究から生産まで一貫体制を確立したラドンの歴史は、ラドン開発事業団の足跡でもあります。また、ラドンの新時代を択く画期的な新システムを完成させました。
ラドン温泉は「健康の泉」として全国各地の医療施設やホテル・旅館・老人ホーム等の保養施設に活用され、現代のニーズにこたえる温泉医学のイノベータです。

trademark5 miura2

 

昭和58年版原文


小泉元胤


元 社団法人慈恵会(病院)会長
ラドンの創始者
ラドン開発事業団理事長
小泉元胤

放射線療法事例

神経性疾患
◇神経痛
◇脊椎カリエス◇脊髄炎◇小児麻痺
◇夜尿症
◇神経衰弱◇不眠症◇ヒステリー
◇肩の凝り

運動器疾患
◇筋肉リューマチ◇関節炎◇淋毒性関節炎
◇痛風◇腰痛

泌尿器疾患
◇腎臓炎
◇腎盂炎
◇摂護線炎◇副睾丸炎
◇子宮内膜炎◇冷え性◇婦人病
◇精力の減退◇生殖器障害
◇糖尿病

循環器疾患
◇高血圧◇動脈硬化症◇脳溢血◇半身不随(中風)
◇心臓衰弱症◇慢性心筋炎◇心臓弁膜症
◇偏頭痛

消化器疾患
◇歯槽膿漏
◇胃拡張◇胃弛緩症◇胃下垂症
◇胃癪撃
◇慢性胃カタル
◇胃酸過多症
◇胃潰瘍
◇肝硬変症
◇腸カタル
◇虫様突起炎・盲腸炎
◇常習便秘
◇痔疾
◇結核性腹膜炎◇腸結核

呼吸器疾患
◇急性咽喉カタル
◇肺炎
◇胸膜炎
◇喘息
◇百日咳

炎症性の体表疾患・その他
◇節腫◇疼痛
◇面庁
◇外傷◇打撲傷◇捻挫
◇眼科(白内障)
◇耳鼻科(耳下腺炎)・(中耳炎)・(頸腺炎)
◇皮膚科(頑固な皮膚病)

元 東京大学付属病院長
元 埼玉医大付属病院長
元 中央温泉研究所理事長
物理療法No1 温泉の効果に関する研究
大島 良雄

元 九州大学医学部名誉教授
元 日本心身医学会名誉理事長
心身医学、心療内科の基礎
池見酉次郎

ラドン療法事例
◇甲状腺疾患◇糖尿病
◇自律神経失調症◇しんせん
◇肋間神経痛◇三叉神経痛
◇頸腕神経痛◇座骨神経痛
◇メニエル病◇高血圧症
◇脳血管疾患
◇結核◇気管支炎◇喘息◇胃腸疾患
◇肝疾患◇胆嚢疾患◇帯状疱疹後遺症
◇湿疹◇じんま疹◇サメ肌
◇関節リュウマチ◇関節
◇椎間板ヘルニア◇脊髄性有痛諸侯群
◇腰痛(含農夫症)◇急性腰痛症
◇むちうち諸侯群◇夜尿症
◇変形性関節炎◇骨折後後遺症
◇冷え性◇打撲捻挫

ラドン温泉入浴方法

浴槽の温度は38度程度、入泉後多少の個人差はあるが、3分~5分にて発汗がはじまる。
次第に汗がしたたり落ちるといった'''強い発汗状態'''になる。10分程度が適当。2時間程度経過後2回目の入泉を行い、これを反復する。
1日3回が適当だが5回でも悪い影響は無い。但し2回目の入泉からは、ある程度の疲労感を自覚する人が多い。

ラドンを含む他温泉

※放射能泉は古来よりラジウム温泉と呼ばれ温泉中にラドン(Rn222)を含むが一定では無い。浴槽では殆どラドン元素は無くなり、非常に鮮度が大切な温泉。

※トロン温泉、ラドンと同じ同位元素トロンを浴水中に溶かしている。ラドンとの違いは放射性半減期、半減期が非常に短時間の為、気体では無く液体として浴室へ送る。

大切なこと

ラドン温泉とは、
【ラドン発生装置により浴槽内へ安全な一定の濃度に保たれたラドンガスを送り、ラドン浴室内にて吸入あるいは、温浴中に肌より吸収するシステム】低濃度のラドン浴をいう。

『ラドン療法説明に【ラドン温泉、ラドン発生装置による低濃度のラドン浴(天然ラジウム・ラドン泉の数百分の一~数十分の一の濃度)』とある。

温浴中における放射線の影響を最小限に抑え、より効果を引き出すことを目的とする。

もっと簡単に言えば【ラジウム温泉に毎日入浴しても害が無いように濃度をうすく、アルファ線のみ抽出して、しかも効果を最大限引き出せる温泉】であろう。

天然放射能泉と大きく違う点は、入浴時間、放射線の違いによる被ばく量があげられる。また、ラドン温泉はアルファ線に対して、天然温泉はベーター線・ガンマー線をも含むので、アルファ線によるイオン化作用が大幅に違うのである。
(浴槽中・浴槽空気中のRn222測定量は増富温泉もラドン温泉もほぼ同じであった)

PAGE TOP
Translate »